×

CATEGORY

HOME»  佐々重農園の想い

佐々重農園の想い

こう見えて、実は真面目なほうれん草農家です。
鳶職人からほうれん草農家へ 鳶職人からほうれん草農家へ

ほうれん草農家となり、10年が経とうとしています。
高校卒業後に県内の企業に就職し、その後古着店勤務を経て鳶職人に転身。
充実した日々を送り、そろそろ独立を…と考えていた矢先、父が病に倒れました。
2008年、迷いに迷った末、私は生まれ育ったこの小友町土室に戻り、
長年に渡り積み重なった腐葉土の土地を活かし、農業人として生きていくことを決めました。

農業が教えてくれた故郷のすばらしさ 農業が教えてくれた故郷のすばらしさ

高校卒業と同時に離れた故郷。
その素晴らしさに改めて気づかせてくれたのは、他でもない農業でした。
あふれる自然、きれいな水と空気、肥沃な大地。
そして長年、この土地と文化を守り続けてきた小友町の人々。
いつしか、農業を通して故郷を元気にしたい、
昔のように活気あふれる地域にしたい、という想いが湧き上がってきました。

ほうれん草で、小友町を元気に ほうれん草で、小友町を元気に

たくさん壁にぶち当たって試行錯誤してきたほうれん草栽培。
10年が経ち、自信をもって「皆さんに食べてほしい」と思えるほうれん草を作れるようになりました。次の目標は、地域の人々と協力し合い、ほうれん草の一大産地として小友町の名を全国に発信すること。栽培するだけではなく、ほうれん草の専門ショップを作ったり、加工品を販売したりと、ほうれん草をきっかけに小友町を訪れる人を増やし、そして同時に、若者がここで暮らしたい、ここで農業をしたい、と思えるような場所、そしてそんな農業にしたいと思っています。

佐々重農園の理念

一、
私達は、自然豊かなこの土地で
笑い声の絶えない
明るく元気で活気にあふれた
賑わいの世界を創造します

一、
私達は、互いに尊重する気持ちを忘れず
にこやかに、健やかに
ともに成長し続けます

一、
私達は、赤ちゃんからお年寄りまで
人生を全うできる
社会を創造し続けます

CONTENTS

CATEGORY